自転車情報ガイド

おすすめの自転車アイテムや役立つ自転車情報をお届けします。

新潟市の“自転車利用環境計画”が改訂されました(平成26年3月)

2016/06/20   -自転車ニュース   -   投稿者:staff2

新潟市の“自転車利用環境計画”が改訂されました(平成26年3月)

新潟市の“自転車利用環境計画”が改訂されました(平成26年3月)。新潟市で自転車をご利用の方は是非ご確認ください。

近年では、自動車利用者が増加し、自転車利用者による歩行者や自転車との接触事故、路上駐輪や放置自転車等が社会問題となっています。

そのことから、平成22年3月に、「新潟市自転車利用環境計画」を策定し「歩行者の安全確保」、「自転車の交通事故の削減」、「環境にやさしく、健康にも良い自転車利用の促進」を目的とした、走行空間計画、駐輪計画、放置自転車対策、啓発活動計画の4つの柱を中心に、各関係機関が連携して取り組んできました。

 その後、自転車への注目が高まる一方で、平成24年11月に、国土交通省と警察庁が、自転車走行空間のネットワーク化や通行ルールの徹底などを進めるため、「安全で快適な自転車利用環境創出ガイドライン」を策定したこと、さらに、平成25年12月に、自転車は車道の左側通行を基本とする道路交通法の一部改正したことなど、現在の自転車を取り巻く環境は大きく変化しています。

 これらの背景を踏まえ、策定以来3年を経過した自転車利用環境計画の取り組みを検証し、現在の自転車を取り巻く環境への対応や、平成24年12月に本市において施行した「新潟市公共交通及び自転車で移動しやすく快適に歩けるまちづくり条例」との整合を図りながら、施策の見直し、集約、重点化、評価指標の設定を行い、より実効性を高めるために、計画を一部修正し、計画の改訂版を策定しました。これに基づき、本市の自転車施策に取り組み、「歩行者、自転車、自動車が安全で安心して共存できる道路空間の構築」の実現を目指します。

自転車利用環境計画の主な変更内容などの詳細は、参照をご覧ください。

参照:自転車利用環境計画改訂版及び自転車走行空間整備ガイドラインの策定について(平成26年3月) 新潟市