自転車情報ガイド

おすすめの自転車アイテムや役立つ自転車情報をお届けします。

取り付けるだけで電動ハイブリッド化できる車輪「コペンハーゲン・ホイール」先行予約開始!

2016/06/20   -自転車ニュース     投稿者:staff2

取り付けるだけで電動ハイブリッド化できる車輪「コペンハーゲン・ホイール」先行予約開始!

マサチューセッツ工科大学(MIT)が開発した、取り付けるだけで電動ハイブリッド化できる車輪ユニット「コペンハーゲン・ホイール」の先行予約が開始しました。

この車輪ユニットは、自転車の後輪に装着して使用するもので、ほとんどの自転車に適用できるそうです。バッテリーを含めて重量5.5kg、最大で48kmの道のりを時速32kmの速度まで電動アシストできます。

赤色のケースの中には、一連のセンサーが組み込まれていて、ユーザーが最も動力を必要とするタイミングを計算するそうです。ユーザーの出すスピードや、道の傾斜、ペダルを踏み込む能力などを感知します。走行に必要なエネルギーを節約し、しかもユーザーがブレーキをかけるたびに再充電を行います。

screenshot(2014-01-24 14.25.54)

さらに、この赤色のユニットには、ふつう予想される加速度計やジャイロスコープ、回転センサー、方向センサーに加えて、GPSセンサーやひずみゲージ等、全部で12種類のセンサーが格納されているそうです。システムの一部は、2014年の初出荷後に特許を取得できる予定です。

先行予約は、Copenhagen Wheelは、Superpedestrian社のウェブサイトから可能です。
2013年12月の受注分が、2014年第1四半期の終わりに出荷される見込みです。

参照:「スマートな電動アシスト」に変える自転車ホイール « WIRED.jp

参照:Superpedestrian - The Copenhagen Wheel